script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

「与謝野鉄幹・晶子夫妻も訪れた満奇洞に行ってきました! 〜岡山県新見市〜」◇ 日記

f:id:mkmk147258369:20200107064213j:image

この満奇洞は金田一耕助シリーズの八つ墓村のロケ地ということでも知られている所です。場所は岡山県新見市岡山市内からは車で1時間以上かかります。山に囲まれた静かな場所です。

 

写真にもあるように各名所はライトアップされていて非常に幻想的です!LED照明と鍾乳洞の相性は抜群ですね!ピンク色にライトアップされた「恋人の泉」という鍾乳洞は恋人の聖地に選定されています‼️


f:id:mkmk147258369:20200107064153j:image

満奇洞の中をぐるっと一周するには約30分かかります。この案内図にあるように、大小様々な鍾乳石があり、それぞれに名前がつけられています!一つひとつゆっくり見て回ることができないほどの数があります。今回実際に見た中で、一部ですが紹介したいと思います!


f:id:mkmk147258369:20200107064236j:image

仁王の脚

仁王様の両足のように、二本の柱ができています。ちょっと踏ん張ってる感じ?がすると思います。


f:id:mkmk147258369:20200107064204j:image

象の足

うーん、そう言われればそんな気もしますが、雰囲気ですね。


f:id:mkmk147258369:20200107064157j:image

乙姫と浦島

すいません、どこがどう乙姫なのか、浦島なのか、私の感性では分かりません(笑)。与謝野晶子クラスになると見えてくるものがあるのかもしれません!


f:id:mkmk147258369:20200107064216j:image

洞窟内にはライトアップされた箇所がたくさんあり、このように幻想的な雰囲気に包まれています。グリーン、ブルー、ピンク、などなどその場所にふさわしい色にライトアップされています!


f:id:mkmk147258369:20200107064225j:image

そして今回子供たちが最も興味を示していたのがコウモリ🦇です‼️

洞窟内なのでそんなに珍しくはないのかもしれませんが、私自身も洞窟内でぶら下がっているコウモリを見るのは初めてでした。

ちょうどグリーンのLEDの照明のところに1匹、ライトアップされていました(笑)


f:id:mkmk147258369:20200107064220j:image

洞窟の方がおっしゃるには、今はぶら下がった状態で冬眠中なのだそうです。懐中電灯🔦で照らしてみると結構な数のコウモリを確認することができました!冬眠中でもよ〜く見ると微妙に動いているんですよね。コウモリを間近でじっくり観察する機会はなかなかないので、面白かったです!


f:id:mkmk147258369:20200107064208j:image

ちなみに満奇洞の入洞料金は大人が1,000円、中学生は800円、小学生は500円、幼児は無料です。


f:id:mkmk147258369:20200107064232j:image

鍾乳洞の入口の少し手前あたりに自販機が設置されており、そこでチケットを購入するシステムになっています。こんなところでもしっかりシステム化することで効率化と人件費削減が図られています。


f:id:mkmk147258369:20200107064228j:image

券売機付近でタヌキがお出迎え。マスコットキャラなんでしょうか⁉︎


f:id:mkmk147258369:20200107064200j:image

私が行った時は閉まっていましたが、お食事処もあります。「あめ湯」というのが少し気になりますが…

 

与謝野夫妻も訪れた満奇洞、岡山新見に来た際は一度立ち寄ってみても面白いと思います。

 

天空の城=備中松山城はこちら↓

www.mkmkyh.work