script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

「絶景‼️雲海に浮かぶ備中松山城がまさに天空の城のよう!」◇ 日記

f:id:mkmk147258369:20200105214930j:image

天空の城として竹田城と並んで有名な備中松山城に行ってきました!どこから見るのがいいのか、何時ぐらいに行くのがベストなのか、紹介したいと思います。

まずはこの写真を撮影した場所から、

 

f:id:mkmk147258369:20200105215621j:image

備中松山城の登山口とは少し離れた地図上の「備中松山城展望台」からの写真になります。備中松山城の東側に位置し、少し距離は離れています。標高的にも松山城より高く、お城や城下町を見下ろす形になります。展望台のすぐ近くに駐車場がありますが停めれるのは4台だけ。すぐに一杯になりますが、展望台を過ぎると行き止まりなので、本当はダメですが皆路肩に停めて展望台に向かっていました。

 

私が行ったのは1月5日(日)、日の出時刻は7:13、という条件下での時系列での状態をまとめます。


f:id:mkmk147258369:20200105214934j:image

現地到着6:50、徐々に明るくなってきてお城は見え始めますが霧は全くなし!

本当に天空の城🏯なのか?と不安になる状態でした…。この時間帯ではただの山城です。


f:id:mkmk147258369:20200105214941j:image

7時過ぎ、お城の左側から少し霧が出始めます。雲海に浮かぶ松山城を見るのを諦めかけていましたが、少し霧が出てきたことで希望を持てる状況になってきました。しかしこの時期の早朝はめちゃくちゃ寒いので一旦車に待避。


f:id:mkmk147258369:20200105214948j:image

約10分後に再び展望台へ。少しずつ霧が広がってきました。この写真の右側に備中松山城があります。左側で発生していた濃霧がどんどん右側に流れていきます。


f:id:mkmk147258369:20200105214944j:image

さらに10分後、霧がどんどん広がり城下町は全く見えなくなりました!山と山の⛰間は濃霧で覆い尽くされました。ここまでくるとまさに雲海ですね‼️


f:id:mkmk147258369:20200105214937j:image

そしていよいよ雲海が備中松山城まで到達しました‼️

ここまで来ると天空の城と呼べる状態だと思います!一緒に見ていた観光客らしき方々やカメラマンらしき方もこのあたりから一気にシャッターを切り始めました。

 

f:id:mkmk147258369:20200106215150j:image

この日の最終はこの状態だと思います。まさに雲海に浮かぶ天空の城ですね!画質が悪くて残念ですが…、肉眼で見ると本当に感動的な景色です。冬の早朝で空気が澄んでいるのですごく景色が綺麗に見えます。また、雲海は写真では真っ白に見えますが実際には場所によっては青白く見える部分もあったりしてすごく幻想的でした!

 

また、夜が明けた直後で太陽の光☀️も輝いて見えてさらに素晴らしい景観です!お正月ということもあり、より神々しく見えました!霧が出るのは夜明けから約1時間、この時期なら7時頃に現地に着けばちょうどいいと思います。

 

日本ではなかなか見ることのできない絶景だと思いますので、岡山に来られた際は是非立ち寄っていただきたいと思います!!