script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

「新宿めんや風花のちゃーしゅーめん 〜京都市下京区〜」◯ グルメ

f:id:mkmk147258369:20190826215211j:image

目次

  1. 店舗詳細
  2. メニュー
  3. ちゃーしゅーめん
  4. まとめ

 

店舗詳細

 

【住所】京都市下京区三軒町551

【電話】075-344-6623

【時間】11:30〜13:50

               18:00〜22:00

【定休】不定

 

お昼の営業時間が中途半端です…(笑)

店主は「仕事人」という感じの人で寡黙な雰囲気ですが、帰り際にはちゃんと野太い声で、「ありがとうございました!」と言ってくれました。

 

接客は基本的には女性店員が担当し、店主は黙々とラーメンを作っています。

 

メニュー

 

f:id:mkmk147258369:20190904153527j:image

このお店は塩ラーメンの有名店です。普通の塩ラーメンは750円です。帆立ラーメンとちゃーしゅーめんはそれぞれ900円、950円となっています。

 

トッピングは味玉子はよくありますがおもちは珍しいですね。食べようか悩みましたが、お餅は糖質の塊なので今回はパスしました。

 

ちゃーしゅーめん

 

f:id:mkmk147258369:20190904154003j:image

 

【スープ】

絶品です。黄金色に輝く澄んだ塩スープは魚介と鶏と昆布で出汁をとっているそうです。

メインの塩は石垣島の海水塩、これをベースに3種類の塩をブレンドしており相当なこだわりが伺えます。

このスープだけでも通いたくなるほど美味しいスープですね。

 

【麺】

自家製麺です。麺の太さは結構太めで縮れ麺です。おそらくスープに絡みやすくするよう、またはスープを吸うように太麺にしているのだと思います。

麺によく絡み一体感があります。

私は個人的にはもう少し硬めの麺の方が好きですね、ここの麺は少し柔らかめです。

 

【チャーシュー】

豚バラのチャーシューはなかなか嬉しい厚みです。醤油ベースの味付けで非常に柔らかくジューシーです。

豚の脂がスープに溶け出してさらにスープのコクが増します。

 

【具材】

メンマ、ほうれん草、海苔、刻み白ネギ。どれも塩スープとの相性バツグンです!

海苔は大抵は形ある状態で乗っかっていますが、ここのは完全にスープに沈んでいます(笑)

チャーシューを食べて脂ぎった口にほうれん草は最高です。口の中をリセットしてくれます。

メンマはしっかり太めです。

 

まとめ

 

京都らしい和風なラーメンです。私的には麺はベストではありませんでしたが、出汁や塩にこだわりぬいたスープは最高です!

 

そこに加えてガッツリ食べ応え満点のチャーシュー、しかしチャーシュー3枚は今の私には少し重かったです…

 

スープに関しては相当ハイレベルなお見せだと思います。