script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

「マクドナルドの低糖質メニュー、ちょっと気を付けるだけでどこでもロカボ」◇ 日記

f:id:mkmk147258369:20190823142951j:image

目次

  1. 先入観
  2. マクドメニューの糖質
  3. ダブルチーズバーガー
  4. まとめ

 

先入観

 

ロカボ糖質制限ダイエット)をやっている人なら誰もがマクドナルドにはこのような印象を持っていると思います。

 

糖質MAX

避けて通るべき道

 

私も当初はそうでした。しかし糖質制限ダイエットのポイントは、先入観だけで判断するのではなく正確な数値を把握することです。

 

つまり糖質が何グラム含まれているのか、これが全てです。

 

マクドメニューの糖質

 

f:id:mkmk147258369:20190824101126j:image

f:id:mkmk147258369:20190824101143j:image

これはイメージ通りでしたが、マックフライポテトはLサイズなら糖質(炭水化物64.3g)です。

 

一回の食事での糖質を40gに抑えたい私としてはマックフライポテトLは一発アウトです!

 

それではハンバーガーはどうでしょうか?新商品のガッツリ系で検証してみます。

 

f:id:mkmk147258369:20190824103215j:image

f:id:mkmk147258369:20190824103232j:image

分厚いパティが2枚も入ったかなりボリューミーなバーガーです。ワイルド倍スパイシービーフ、名前からして太りそうです。

 

しかし、このバーガーの糖質は…

 

29.3gです!

 

マックフライポテトLの半分以下です!このガッツリバーガー2個食べてもマックフライポテトLより太らないなんて驚きじゃないですか⁈

 

そうなんです、実はハンバーガーはモノによっても違いますが、オニギリなどよりも糖質は少ないんです。

 

ちなみにサイドメニューではフライドポテトよりもチキンマックナゲットがおススメです。

 

f:id:mkmk147258369:20190824110121j:image
f:id:mkmk147258369:20190824110124j:image

チキンマックナゲット5ピースで糖質は13.1gです。今、チキンマックナゲットは15ピースで390円というキャンペーンをやっていますが、ポテトLを食べるくらいならナゲット15個の方が糖質は少ない、というか約半分です。

 

ダブルチーズバーガー

 

もしかしたら私だけかもしれませんが、ちょっと太っている人は、たまに「どうしても◯◯が食べたい!」という衝動に駆られます。

 

マクドナルドのハンバーガーが食べたい!と思った時は、最近はこれを注文します。

 

f:id:mkmk147258369:20190824111028j:image

ダブルチーズバーガー夜マックとアイスコーヒーMです。

 

ダブチの倍バーガーが430円、アイスコーヒーMはクーポン使って120円、合わせて550円です。絶対にポテトは頼みません。

 

しかしポテトを頼まないと問題になってくるのは「物足りなさ」です。それを補ってくれるのが「」です。

 

f:id:mkmk147258369:20190824111032j:image

パティが4枚‼️

食べ応えはバツグンです。肉を頬張る感じがマクド食べたい欲求を満たしてくれます。欲求を満たせばストレスは溜まりません。

 

そして糖質は40g以下です。アイスコーヒーはもちろんブラックですが。

 

まとめ

 

糖質制限ダイエットをやっていて感じたことは、「確かな情報」が重要だということです。

 

そして食べれるモノを調べる時は分類ではなく単品まで落とし込んでしっかり調べるということです。

 

3ヶ月で10キロは無茶な数字ではなく、ちゃんとやれば無理なく痩せることができます。

 

今後も低糖質シリーズは継続していきたいと思います!