script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

「ふーちゃんぷるー、一銀食堂in那覇市」◯ グルメ

f:id:mkmk147258369:20190808210803j:image

目次

  1. 店舗について
  2. ふーちゃんぷるー
  3. まとめ

 

店舗について

 

いちぎん食堂の過去の記事はこちら⬇︎

www.mkmkyh.work

 

家庭的な沖縄料理を提供してくれる見せなのに24時間営業というものすごく有難いお店です。

 

以前はゴーヤチャンプルーを食べましたが、すごく美味しかったです。今回はふーちゃんぷるーです。

 

ふーちゃんぷるー

 

f:id:mkmk147258369:20190810192509j:image

¥630

ご飯と味噌汁がセットになっています。相変わらずリーズナブルなお値段でボリュームがあります。

 

色んなお店でふーちゃんぷるーを食べてきましたが、私なりの分析ではふーちゃんぷるーは3種類に分類されます。

 

①炒めのみ系

②炒め&煮込む系(炒めメイン)

③炒め&煮込む系(煮込みメイン)

 

いちぎん食堂のふーちゃんぷるーは①炒めのみ系です。

 

f:id:mkmk147258369:20190810221300j:image

もやしはシャキシャキ、強火で一気に炒めた感じです(中華系)。他の食材も炒めているので素材の食感はキッチリ残っています。

 

ランチョンポークも炒められているので表面は焦げ目が付いていい感じです。味付けは塩コショウもしっかり効いていて炒め物、って感じですね。


f:id:mkmk147258369:20190810221307j:image

主役の麩もすごいボリュームです。他の店よりもかなり大きな塊がゴロゴロ入っています。

 

食べ応えのある巨大な麩、最高です!しっかり焦げ目もついてよく炒められています!ホントにビックリするぐらいデカいです。

 

今まで食べたふーちゃんぷるーではガッツり炒め系は初めてだったため、少し衝撃的でした。ふーちゃんぷるーツウ?としては新たな発見でした。

 

ちなみに②炒め&煮込み(炒めメイン)の代表格は…(完全に私の個人的見解です)⬇︎

www.mkmkyh.work

 

海洋食堂のフーイリチャー、これが私の中では最高のふーちゃんぷるーですが、炒め強めの煮込みです。

 

ただし、ここのフーイリチャーを食べたのはふーちゃんぷるーにこだわり始めた最初の頃なので、もう一度先入観なく食べてみたいところですが。

 

③煮込みメインのふーちゃんぷるーは東横インの朝食のような感じのものです。⬇︎

www.mkmkyh.work

 

具材はクタクタになるまで煮込まれている感じです。これはこれで美味しいです。

 

まとめ

 

最近少し感じてきましたが、沖縄の人は「自由」であり「他人に左右されない」のではないのかと。

 

同じふーちゃんぷるーという商品でもこれだけ味が違い、店の色が出るのもすごいなと思います。

 

沖縄料理は奥が深いので、まだまだ研究していきたいと思います(笑)