script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

「わらいそばのゆし豆腐そば&ジューシー」◯ グルメ

f:id:mkmk147258369:20190704002600j:image

目次

  1. わらいそば
  2. 三枚肉とは?
  3. ゆし豆腐そば
  4. じゅーしー
  5. まとめ

 

わらいそば

 

沖縄にある、ゆし豆腐そばの専門店です。なんと、豊見城ゴルフ練習場の中にあるという穴場中の穴場です。

 

住所:沖縄県豊見城市字高安415

         豊見城ゴルフ練習場内

電話:050-5594-9404

時間:月〜土曜10:00〜17:00

               日曜10:00〜16:00

定休:なし

 

店が終わる時間が早いので、ランチで行くしかチャンスはないと思います。

 

三枚肉とは?

 

ゆし豆腐そばの中にチャーシュー的なモノが3枚入っているのかと思いきや、全く違いました…

 

ウィキペディアより】

ばら肉(ばらにく、肋肉)とは、牛肉、豚肉などの肉の部位で、アバラ骨の周囲の肉を指す。皮、赤身と脂身が3層になっているので三枚肉(さんまいにく)とも呼ばれる。

 

つまり、皮・赤身・脂身、の三層のことを三枚と表現しているようです。

 

ゆし豆腐そば

 

f:id:mkmk147258369:20190706124026j:image

ゆし豆腐そば+じゅーしー

¥630+¥150=¥780

ご飯とセットでこの値段は比較的良心的ですね。


f:id:mkmk147258369:20190706124019j:image

上から見ると麺はほぼ見えません。ゆし豆腐と三枚肉が出汁に浸かっているようにしか見えません。

 

もちろんゆし豆腐の下には麺が隠れていますが、最近だんだん食べ慣れてきた沖縄そばの縮れた麺です。


f:id:mkmk147258369:20190706124029j:image

そしてこれが三枚肉です。結構厚みがあって食べ応えはバツグンです。味は甘辛くて、脂身のマッタリした感じは最高です!

 

皮の部分と赤身、脂身を一緒に食べると

皮の香ばしさ、味の染みた赤身、マッタリ濃厚な脂身、まさに三位一体の美味しさです。

 

やっぱり沖縄の豚はどこに行っても美味しいですし、肉の厚みが違います。


f:id:mkmk147258369:20190706124023j:image

ゆし豆腐と麺と三枚肉を絡めながら食べ進めていきますが、最後にゆし豆腐が残りました。

 

これをつゆ(出汁?)と一緒にすくって食べるとすごく美味しい!おばあちゃんの家で食べる田舎料理って感じで、ほっこり癒されます。

 

そもそもゆし豆腐って島豆腐とどう違うの?って疑問に思いましたが、

 

ゆし豆腐はにがりを入れて固まり始めたふわふわした状態の豆腐、

 

島豆腐はゆし豆腐を型に入れて固めた状態の豆腐、だそうです。

 

豆腐チャンプルーなどに入っているのは島豆腐ですね。

 

ジューシー

 

f:id:mkmk147258369:20190706154500j:image

いろんな店でやたらと目にするジューシー、気になっていましたがついに頼んでみました。

 

どんな味なのか…、期待に胸を膨らませていざ実食!普通の炊き込みご飯でした(笑)


f:id:mkmk147258369:20190706154455j:image

炊き込みご飯としては普通に美味しいですが、「未知のモノ」を想像していたので少し拍子抜けでした。

 

まとめ

 

ゆし豆腐そば+じゅーしーは「ザ・郷土料理」という感じでした。トンカツやチキン南蛮、居酒屋で食べ放題と無理をさせていた胃袋にはちょうどいい優しい料理でした。

 

ほっこり癒されたい時にはオススメです。