script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

「ふーチャンプルーin沖縄」◯ グルメ

f:id:mkmk147258369:20190630232320j:image

沖縄といえば「チャンプルー料理」が有名ですが、ゴーヤじゃないものも結構ありますのでご紹介します。

 

目次

  1. チャンプルーの種類
  2. ふーチャンプルー
  3. まとめ

 

チャンプルーの種類

 

1、ゴーヤチャンプルー

2、豆腐チャンプルー

3、ふーチャンプルー

4、ソウメンチャンプルー

5、ナーベラーチャンプルー

6、タマナーチャンプルー

7、マーミナーチャンプルー

8、チキナーチャンプルー

9、パパイヤーチャンプルー

 

ソウメンチャンプルーまでは名前だけで何が入っているか分かりますが、それより下は全く分かりません(笑)

 

調べてみると、

 

ナーベラー=へちま

タマナー=キャベツ

マーミナー=もやし

チキナー=からし菜?

パパイヤー=パパイヤ(そのまま)

 

なかなか難しいですね、ゴーヤ、豆腐、ふー、は経験済ですのでこれからは他のチャンプルーにもチャレンジしてみたいと思います!

 

フーチャンプルー

 

いわゆる本土で言うところの「お麩」とは少し違います。麩といえば味噌汁などに入れるフワフワした食感のものですがフーチャンプルーの麩は違います。


f:id:mkmk147258369:20190703065226j:image

食感としてはもう少ししっかりした食感で少し弾力もあります。味付けはダシがよく効いていて、甘みと塩味が絶妙です。

 

麩はその味がよく染みるので、人参や玉ねぎと一緒に食べると非常に美味しいです。

 

麩といえば脇役のイメージですが、この麩は間違いなく主役です。

 

まとめ

 

チャンプルー料理はヘルシーなものが多いですし、美味しいですし、私は沖縄料理の中では1、2を争うぐらい好きな料理です。

 

また美味しい店を開拓していきたいと思います!今回のレビューはイオンで買った惣菜ですので…