script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

「肉工房まるよし ディープな神戸グルメ」◯ グルメ

f:id:mkmk147258369:20190526173735j:image

神戸には観光客はあまり来ないディープな場所、グルメが結構あります。関東の知人に「神戸の印象は?」と聞くと、

 

だいたいの人は「オシャレな街!」と答えてくれます。嬉しい答えですが、オシャレじゃない神戸もあります、もちろん。

 

そんなオシャレじゃない神戸もちょくちょく案内していきたいと思います。

 

目次

  1. ディープな街、湊川
  2. まるよしのルール
  3. まとめ

 

ディープな街、湊川

 

オシャレな神戸とは、

 

北野坂異人館

□元町(南京町、中華街など)

ハーバーランド(港)

 

などだと思います。オシャレをした女の子たちがウィンドウショッピングを楽しみ、カップルがデートをしている。

 

元町やハーバーランドにはオシャレな店も多く、街全体が港町神戸というブランド化された雰囲気です。

 

地理的に言うとオシャレゾーンはほぼ神戸市中央区です。その西には兵庫区、長田区、須磨区と続きます。

 

兵庫区に入ると少し雰囲気は変わります。距離的には目と鼻の先ですが。

f:id:mkmk147258369:20190526175500j:image

ハーバーランドから歩いても15〜20分ぐらいで湊川付近まで行けます。

 

商店街は下町感溢れる感じでオシャレな部分は全くありません!(失礼!)

 

地元のオジさんおばさん、おじいちゃんおばあちゃんが大勢買い物をしています。だからこそB級グルメ的なものも多いのだと思います。

 

まるよしのルール

 

f:id:mkmk147258369:20190526180304j:image

①立ち食いです

まず注文をしてお金を払います。そうすると店員さんが目の前で焼いてくれます。

f:id:mkmk147258369:20190526180546j:image

私のおススメは必ずその場で食べること。一度ホルモンを持ち帰りにしてもらって10分後ぐらいに食べたんですが、冷めてて硬くて美味しくありませんでした…

 

焼きたての肉をタレに付けて頬張るのが一番美味しいです!間違いない!

 

f:id:mkmk147258369:20190526180932j:image

f:id:mkmk147258369:20190526180942j:image

②タレの2度づけ禁止

串ものの店では当たり前のルールです。言わずもがなですね。

 

③タレが垂れたら足元のマットへ

タレの2度づけができないので一回でたっぷり付けますが、垂れます。

垂れたタレはカウンターに付くと汚れるので足元のマットに落とします。

マットはタレまみれです(笑)

 

f:id:mkmk147258369:20190526181411j:image

ほとんどの商品は90円でお手頃です。ホルモンが一番人気らしく、焼く前の串が山積みにされています。

 

f:id:mkmk147258369:20190526181603j:image

私はいつも、

ホルモン➡︎レバー➡︎豚バラといきますね。意外と豚バラも柔らかくてボリュームがあっておススメです。

 

精肉店がやっている店なので肉が新鮮です。朝から店員さんがせっせと仕込んでいます。

 

まとめ

 

神戸といえば、フレンチ、イタリアン、中華、などが思い浮かぶと思いますが、こんな下町感溢れるお店もあります。

 

最初に見つけた時は、

「どうやって注文するのか?」

「タレが垂れまくる…」

 

など分からないことだらけでした。ちょっと戸惑うかもしれませんが、こういう系が好きな方にはオススメです。

 

オシャレな神戸だけを楽しみたい方にはオススメしません(笑)