script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

◯ 旅・グルメ(札幌)

f:id:mkmk147258369:20190118064746j:image

札幌のおススメの店をご紹介します。北海道といえば、海の幸がまず頭に浮かびますが今回はもう一つの北海道名物です。

 

今まであまり本格的なものを食べたことがなかったのですが、会社の人のおススメの店があるということで行ってきました。ジンギスカンです。

 

f:id:mkmk147258369:20190118065240j:image

夜空のジンギスカン

コース名は覚えていませんが真ん中ぐらいのランクの食べ放題で5,500円だったと思います。札幌で3店ぐらい展開している店ですが何店だったかは覚えていません、すいません…

 

写真は最初に出てきた魚で言うと『舟盛り』みたいなやつです。基本的にはラムの色んな部位なんですが、中には『鹿』なんかも含まれていました。

 

どの部位もそれほどクセはなく、すごく美味しかったです。ただし、この『舟盛り』は食べ放題ではないです(笑)

 

食べ放題の🥩もお店自慢のタレに漬け込んだものだったり、それぞれこだわりがあってどれもすごく美味しかったです。

 

今までラムが少し苦手だったという同僚もいましたが、おいしいと言っていました。ただし、部位によっては『ケモノ臭い…』と言っていました。

 

北海道といえば海の幸は外せませんが、ジンギスカンもおススメです。札幌に行った際は是非立ち寄ってみて下さい!

 

ちなみに、ラム肉は鉄分やミネラルも豊富で健康にもいいとされています。部位についても少し記載させて頂きます。

 

ラム肉の部位と特徴

■背肉(ラック)
牛肉でいうとロースにあたる背中の部分。骨付きの背肉は「ロングロイン」といい、ショルダーに近い部分のラックとレッグ寄りの
ショートロインに分けられる。肉質は柔らかく、最上位の部分。骨付きでそのままローストしても、切り分けてラムチョップとして
グリルしても極旨
■肩ロース(チャックロール)
身と脂肪のバランスがグッドで旨味が濃厚。柔らかく食しやすいいので、ステーキや煮込み、ジンギスカンに欠かせない。
■肩(ショルダー)
脂肪やスジが多く、若干下処理が必要になる部分。羊特有の匂いも気になるが、脂肪を取り除けば大丈夫。ローストや焼き肉、煮込みに。
■もも(レッグ)
腰から後脚にかけての部分で骨付きのままローストにすることも多い。最も脂肪が少なく、上質な部分。ステーキや煮込みなどさまざまな料理に適応する。