「琉球温泉瀬長島ホテル龍神の湯&大迫力の飛行機見物」◇ 日記

f:id:mkmk147258369:20190715204645j:image

目次

  1. 瀬長島とは?
  2. 龍神の湯
  3. 飛行機見物
  4. まとめ

 

瀬長島とは?

 

f:id:mkmk147258369:20190719061455j:image

車だと1分で外周を1周できるほどの小さな島です。島の中央に瀬長島ホテルがあり、その他ウミカジテラスや展望台などリゾートを楽しめるリゾートアイランドになっています。

 

f:id:mkmk147258369:20190719073437j:image

f:id:mkmk147258369:20190719073021j:image

ウミカジテラスからはこのような沖縄の美しい海を眺めることができます。また、数多くのレストランが並んでおり、海を見ながら食事を楽しめます。

 

龍神の湯

 

f:id:mkmk147258369:20190719073310j:image

瀬長島ホテル内にある温泉施設♨️です。料金は、

 

平日:1,330円

日祝:1,540円

 

なかなかのリゾート価格です…。しかし、リゾート温泉としては非常に価値の高いものでした。

 

まずは素晴らしい眺望です。館内は写真禁止なのでリアルな写真はありませんが、イメージはこんな感じです。

(ホームページより)

f:id:mkmk147258369:20190719074406j:image

美しい海を見ながら温泉に入ることができます(立ち湯)。立ち湯の後ろの方では座ることもできます。

 

のんびり温泉に浸かりながら絶景を眺める、最高です。また、時おり那覇空港を飛び立った飛行機が頭上を通過しますが、なかなかの迫力です。

 

また、温泉自体もなかなか気持ちが良かったです。

 

▪️温泉の泉質

ナトリウム-塩化物強塩泉

▪️浴用の適応症

切傷、火傷、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病

▪️浴用 一般的効能

神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔症、冷え性、病後回復期、病労回復、健康増進

 

保湿効果が高いそうですが、温泉に浸かった後は肌がツルツルしている感じがしました。保温効果もバツグンです。

 

飛行機見物

 

瀬長島は那覇空港のすぐ南側にあるため飛行機の離発着を間近に見ることができます。那覇空港は官民共同の空港となっており航空自衛隊のF15も訓練飛行しています。

 

瀬長島の連絡橋がまさに飛行機が通るルートになっており、真下から飛行機を見ることができます。

 

f:id:mkmk147258369:20190719075457j:image

轟音とともにF15が近づいてきます。かなりの距離がありましたがあっという間に目の前です。

 

ゴゴゴゴゴオオオ・・・

 

f:id:mkmk147258369:20190719075802j:image
f:id:mkmk147258369:20190719075805j:image

この距離感です。本当に手を伸ばせば届きそうなところを飛んでいきます。そしてありえないぐらいの爆音です。

 

f:id:mkmk147258369:20190720100941j:image

ジャンボ機は至近距離だとかなり迫力があります。着陸間際はかなりフラついて、「こんなに不安定なのか」とビックリしました。

 

私は物珍しさではしゃいでいましたが、近隣住民の方のことを考えると何とも言えないですね…

 

まとめ

 

瀬長島は那覇から近くでリゾート感を満喫できるところだと思います。特に温泉は最高です。

 

飛行機の離発着も、大迫力で子供も喜ぶと思います。

 

「アラハビーチに立ち寄ってみました」◇ 日記

f:id:mkmk147258369:20190718153358j:image

目次

  1. アラハビーチ詳細
  2. バーベキューについて
  3. まとめ

 

アラハビーチ詳細


【住所】北谷町北谷2-21
【TEL】098-926-2680(アラハビーチ     管理棟)
098-936-9442(バーベキューに関するお問い合わせ)
【営業時間】9:00~18:00(夏休み期間は~18:30まで)
【営業期間】4月第2金曜~10月末
売店にてパラソル、サマーベッド、ビーチマット等各種レンタル有

 

f:id:mkmk147258369:20190719054641j:image

北谷(ちゃたん)という街が普天間が近いということもありアメリカンな雰囲気です。軍人らんらしきガタイのいい人も多いです。

 

ビーチも「海外リゾート感🏝?」があります。沖縄の海はどこも綺麗ですが、ここは雰囲気含めて一味違いますね。

 

今まで行ったビーチの中でもリゾート感や南国感は1番だと思います。マリンスポーツも盛んでした。

 

バーベキューについて

 

f:id:mkmk147258369:20190719054608j:image

ビーチがある安良波公園内にはバーベキュースペースがあります。予約をすれば手ぶらでバーベキューを楽しめます。

 

ちなみに食材のお値段は…

 

☆ アラハセット ☆
食材料金 2,000円 / お一人様
牛ロース・味付(150g)
豚バラ肉・味付(50g)
ウインナー(2本)
炭火焼鳥(2本)
そば(100g)
野菜(100g)
おにぎり(1個)
紙皿・割り箸
サラダ油・焼きそばソース

 

☆ ゴールドセット ☆
食材料金 2,200円 / お一人様
牛ロース・味付(150g)
スペアリブ・味付(50g)
豚バラ肉・味付(50g)
ウインナー(2本)
炭火焼鳥(2本)
そば(100g)
野菜(100g)
おにぎり(1個)
紙皿・割り箸
サラダ油・焼きそばソース

 

アラハセットとゴールドセットの違いはスペアリブの有無のようです。200円の差ならゴールドの方がいい気はします。

f:id:mkmk147258369:20190719054605j:image

この写真は通常のテントです。これより豪華なスペシャルテントというのもあるそうです。値段は下記の通りです。

 

□ガス・釜セット無料
□テント、イス付きテーブルセット(1張り)・・・¥7,500
スペシャルテント、イス付きテーブルセット・・・¥12,000
□テントのみレンタル・・・¥8,500
スペシャルテントのみレンタル・・・¥15,000

 

バーベキューの詳細は下記
http://ccdc.jp/araha-beach/

 

まとめ

 

ちょっと立ち寄っただけですが、ものすごくリゾート感🏝を感じれるビーチでした。

 

マリンスポーツやバーベキュー、公園内の遊具など、カップルから家族連れまで幅広い人が楽しめる場所だと思います。

 

「食工房まほろばで地元の人たちに囲まれて沖縄を満喫!」◯ グルメ

f:id:mkmk147258369:20190714073158j:image

目次

  1. 店舗詳細
  2. お店の雰囲気
  3. 海鮮天丼
  4. まとめ

 

店舗詳細

 

【住所】沖縄県糸満市糸満2228

【電話】090-6859-7431

【時間】10:30〜19:00

【定休】不定

 

f:id:mkmk147258369:20190718072700j:image

糸満の海沿いの店なので、メニューは海の幸がメインです。「メガシャークバーガー」「イカスミ汁」など、本土ではなかなかお目にかかれないメニューもあります。

 

お店の雰囲気

 

最初の写真にあるように、開放感のあるスペースで沖縄三線の演奏を聴きながら食事することができます。沖縄に来た〜!って感じがします(笑)

 

f:id:mkmk147258369:20190718073254j:image

店内は少しコジャレた食堂といった感じです。室内ではないので少し暑いですが店員さんが気を遣って扇風機を近くに持ってきてくれました。

 

店員さん

「暑くないですか?冷房が効いた部屋もありますよ。」

 

「いや、扇風機があるから快適ですし、外で沖縄三線聴いて沖縄を満喫したいので」

 

店員さん

「地元の人が練習でやってるだけですので、間違ったりするかもしれませんが…」

 

50代から60代、70代ぐらいの方々が楽しそうに三線を弾いています。ご飯を食べていたお客さんもマイ三線?を出してきて一緒に弾いています。

 

みなさん本当に楽しそうです。それを見ているこっちも楽しい気分になってきます。みんないい笑顔です。

 

アフターファイブの過ごし方、休日の過ごし方は見習いたいですね。

 

海鮮天丼

 

f:id:mkmk147258369:20190718074554j:image

¥800

このボリューム感、関西なら確実に千円超えます。エビ、イカ白身魚かき揚げ、などなど、種類も豊富でボリューム満点です。

 

そしてなにより魚介類が新鮮!

さすがは港町です。白身魚も大きさ、肉厚さ、申し分ないです。


f:id:mkmk147258369:20190718074550j:image

衣も揚げたてサクサク、かかっている天つゆもちょうどいい味付けです。ちょっとご飯が多すぎてお腹いっぱいになりました…

 

エビ天🦐もかなり立派で身はプリプリ、存在感が光ります。

 

最後にオレンジ🍊のデザートまで付いており、お得感はかなりありますね。

 

まとめ

 

食事ももちろん美味しかったですが、それ以上に沖縄三線を聴けたこと、地元の方々と触れ合えたことがなにより嬉しかったです。

 

沖縄のゆったりした時間の流れ、リゾート感、最高ですね。沖縄三線も一気に好きになりました(笑)

 

そして沖縄はどの店に行っても店員さんがフレンドリーで親切で優しいです。ホント癒されます。

 

【おまけ】

f:id:mkmk147258369:20190718080147j:image

出てきたおしぼりがバリッバリに凍っていて、それをバリバリいわせながら広げます。そしてそれで顔を拭くと…

 

超キモチいい〜!

 

以上

「海洋食堂シリーズ③へちまのみそ炒め」◯ グルメ

f:id:mkmk147258369:20190714072042j:image

目次

  1. 店舗詳細
  2. おばちゃんとの攻防
  3. へちまのみそ炒め実食
  4. まとめ

 

店舗詳細

 

【住所】沖縄県豊見城市名嘉地192-10

【電話】098-850-2443

【時間】10時〜19時半

【定休】日曜日

 

おばちゃんとの攻防

 

「へちまのみそ炒めください!」

 

店員さん

「はいはい〜、へちまね〜」

 

店員さん

「お待たせしました〜、へちまです!」

 

f:id:mkmk147258369:20190715205658j:image

 

「え??頼んだのはへちまのみそ炒めですけど??」

 

店員さん

「それがへちまだよ〜」

 

「いや、自分が頼んだのはみそ炒めで、汁物ではないんですが…」

 

店員さん

「お客さんへちま初めてね〜、それがへちまよ、美味しいよ〜!」

 

私が言いたかったことはへちまかどうかではなく、みそ炒めの部分です…

どう見ても炒め物ではなく汁物です。

 

何度か店員さんとの攻防が続きましたが笑顔でへちまと連呼され、もう伝わらないと観念しました。

 

後から気づきましたが、へちまのメニューは一つしかなかったので、これが間違いなく「へちまのみそ炒め」だと思います。

 

へちまのみそ炒め実食

 

f:id:mkmk147258369:20190715210620j:image

¥600

相変わらず安いです。600円でお腹いっぱい食べれます。

 

具材は豚の三枚肉、島豆腐、へちま、ニラです。味付けはもちろん味噌!

他のメニューと同じで炒め+煮るという工程で作られている気がします。

 

汁物に見えますが食べてみると炒めていることが分かります。結構濃いめの味噌味ですが、島豆腐や三枚肉にも良く味が染み込んでいます。

 

f:id:mkmk147258369:20190715211207j:image

主役のへちまですが、雰囲気的には瓜(ウリ)のような感じです。トゥルントゥルンでへちま自体は淡白な印象です。

 

味噌のスープが絶品なんですが、これに絡めて食べるへちまがまた美味しい!へちまはあまり味染みしない食材なので他のものと一緒に食べると相乗効果が出て美味しいです。

 

種の部分はきゅうりの種みたいな🥒感じですね。トゥルンとしてて食感を楽しめます。

 

まとめ

 

今だに「みそ炒め」ということに納得はいっていないですが(笑)、めちゃくちゃ美味しかったのでチャラにします。

 

私的には「へちま汁」または「へちまのみそ炒め汁」がイメージとしてはしっくりきます。

 

それにしてもみそのスープがめちゃくちゃ美味しくて、またハマってしまいました。三枚肉や島豆腐は味噌とも本当によく合います。

 

へちまは今回初めて食べましたが、美味しい食べ物であることを再認識しました。今までは「置物」か「体を洗うもの」だと思っていました…

 

「24時間営業いちぎん食堂のゴーヤチャンプルー定食」◯ グルメ

f:id:mkmk147258369:20190714233447j:image

目次

  1. 店舗詳細
  2. お店の雰囲気
  3. ゴーヤチャンプルー
  4. まとめ

 

店舗詳細

 

【住所】沖縄県那覇市久茂町2-12-3

【電話】090-868-1558

【時間】24時間営業

【定休】なし

 

お店の雰囲気

 

f:id:mkmk147258369:20190716224406j:image


f:id:mkmk147258369:20190716224409j:image

 

お店の中はこんな感じで、「古き良き時代の食堂」といった雰囲気です。妙に落ち着きますね。

 

店員さんも例に漏れず、「沖縄のお母さん」です。めちゃくちゃフレンドリーです。

 

常連っぽい土方のお兄さんは無言で券売機で食券を買い、いつもの席っぽい感じの席に座ります。

 

店員のおばちゃん

「ゴーヤね」

 

常連らしき客

「おー」

 

会話はほとんどありませんが意思の疎通ができていることが伺えます。なんだかこういう雰囲気は好きです。

 

常連らしき客

ごちそうさん

 

店員のおばちゃん

「お疲れさん」

 

多くは語らず。ですね。私もそんな関係性の店が欲しいと思いました。空いてるとこどこでもいいよ〜、と言われて着席。

 

ゴーヤチャンプルー

 

f:id:mkmk147258369:20190716230104j:image

¥630

どの店も良心的な価格設定です。しかもこの値段で刺身とポーク玉子が付いています。サービス良すぎです。

 

まずは主役のゴーヤチャンプルーから。

f:id:mkmk147258369:20190716230401j:image

まず驚いたのはゴーヤの量。めちゃくちゃボリューム感あります。島豆腐とポークももちろんボリュームたっぷりですが。

 

苦味の少ないゴーヤですが、他の店にくらべるとかなり火を通しているイメージで、結構クタクタになってます。し

 

シャキシャキ感や苦味を強く感じたい人には向いていないかもしれません。私はどちらかといえばクタクタな方が好きなので、このゴーヤチャンプルーはピッタリです。

 

ポークと島豆腐と、全部一緒に食べると素晴らしいハーモニーを奏でます。

 

f:id:mkmk147258369:20190716231037j:image

おまけと思って侮ることなかれ、なかなかの鮮度と美味しさのマグロです。赤身ならではのマッタリとした旨みがあります。

 

f:id:mkmk147258369:20190716231301j:image

ポーク玉子もしっかりと単品の程をなしています。ポークと玉子、非常に合います。

 

ご飯も何も言わずとも勝手に大盛りです(笑)

 

まとめ

 

このお店、ザ・沖縄食堂なのになぜか24時間営業です。どのような仕組みで運営しているのか不思議です。

 

店内には店員のおばちゃんが3〜4人います。店員さんは交代制なのだと思いますが、夜勤もおばちゃんなのか、気になります。

 

もし大学生やフリーターがやっているとしたら同じ味が出せるのか、非常に気になります。

 

24時間営業でこのクオリティー、常連になっちゃいそうです…

 

「海洋食堂シリーズ②豆腐ンブザー」◯ グルメ

f:id:mkmk147258369:20190714071936j:image

目次

  1. 店舗詳細
  2. ンブザーとは?
  3. 豆腐ンブザー
  4. まとめ

 

店舗詳細

 

【住所】沖縄県豊見城市名嘉地192-10

【電話】098-850-2443

【時間】10時〜19時半

【定休】日曜日

 

ンブザーとは?

 

ウィキペディアより】

ンブシーは「蒸し」を語源とする沖縄料理の一技法。ウブシー、ウブサー、ンブサーなどとも呼ばれ、表記は一定しない。

沖縄方言で「むし」は「ぅむし」「んぶし」と訛り、「~したもの」という意味の「あー」を付加して「んぶしゃー」「んぶさー」と転訛される。料理の技法としては、水分を多く含む食材を、水をほとんど加えずに弱火で加熱して仕上げる調理法を指す。最も代表的なものはヘチマの若い果実を豆腐とともに蒸し煮にしたナーベラーンブシーである。味付けには味噌を用いることが多いが、必ずしも味噌煮を意味する言葉ではない(醤油味や塩味のンブシーもある)。

 

蒸した料理のことを「ンブザー」と呼ぶようですね。ンブザー、注文する時、

 

めちゃくちゃ言いにくい!

 

豆腐ンブザー下さい。と言ってみて下さい。豆腐、ンブザー、と区切って言わないと続けて言うとかなり言いにくいです…

 

豆腐ンブザー

 

f:id:mkmk147258369:20190714235059j:image

¥700

豆腐と豚肉を蒸した料理、ということですが、具材は豆腐、豚肉、ニラ、と非常にシンプルです。

 

ダシの効いた汁で煮ているんですが、これがまた味が染み込んでいて、美味い!

 

f:id:mkmk147258369:20190715082931j:image

豆腐は島豆腐を使用、元々島豆腐は硬いのですが煮込まれて結構柔らかくなっています。そして、

 

大豆の旨みを感じるほど濃厚!

 

こんなに味の染みた美味しい豆腐を食べるのは初めてですね。体にも優しい感じです。

 

そして豚肉(三枚肉?)も煮込まれて味染みはバツグンです。角煮のようにトロトロな感じではなく赤身の部分は歯ごたえはしっかりしています。

 

脂身の部分はプルプルでコッテリしていますので一緒に食べるとちょうどいい感じになります。

 

豚肉を少し崩しながら豆腐に乗せて、さらにニラをトッピングして一気に食べます。美味いですね〜

 

まとめ

 

私の中では沖縄に来てから豆腐といえばじーまーみ豆腐でしたが、豆腐ンブザーを食べて島豆腐にハマりました。

 

島豆腐の大豆の濃い感じ、ツルンとしていないゴワゴワした食感、かなり好きですね。

 

沖縄料理には豚肉は欠かせませんが、島豆腐と豚肉の相性ももちろんバツグンです。

 

それにしても海洋食堂、何を食べてもかなり美味しいです。沖縄料理最高!

 

「海洋食堂(豊見城)のフーイリチャー」◯ グルメ

f:id:mkmk147258369:20190714071730j:image

目次

  1. 店舗詳細
  2. フーイリチャー
  3. まとめ

 

店舗詳細

 

【住所】沖縄県豊見城市名嘉地192-10

【電話】098-850-2443

【時間】10時〜19時半

【定休】日曜日

 

食べログの評価は非常に高く、ザ・沖縄食堂という感じの店です。店員さんは皆「沖縄のお母さん」という雰囲気でフレンドリーです。

 

ゴーヤチャンプルーとかはご飯は別で頼むんですか?」

 

店員さん

「そば以外は全部ごはんと汁はついてるよ〜」

 

とのことで、◯◯定食、となっていなくても単品名を頼めば定食になるようです。

 

10時オープンですが、いきなりどんどんお客さんが入ってきます。遅い朝食?早いランチ?よくわかりませんが…。私は早いランチで10時半に来店。

 

11時前にはすでに満席、待ちのお客さんが出ています。地元客7割、観光客3割といったところでしょうか。

 

f:id:mkmk147258369:20190714114322j:image

メニューはこんな感じです。ぱっと見分からないメニューもちらほら…、気になりますね。とりあえず分からないものは頼んでみるべし!ということで…

 

フーイリチャー

 

f:id:mkmk147258369:20190714083958j:image

フーイリチャー

¥600

私の第一印象は「フーチャンプルーだ!」でした。イリチャーとは、「炒め煮」のことらしいです。

 

フーチャンプルーとはどう違うのか分かりませんが、シロウトの私から見れば違いは分かりません…

 

ただ一つ言えることは、今まで食べたフーチャンプルー(イリチャー)の中で、

 

ダントツで1番美味い!

 

ということです。沖縄に来て、まぁ色んなチャンプルーを食べましたが、これがナンバーワンです。

 

f:id:mkmk147258369:20190714170059j:image

炒め煮、だからか分かりませんが、とにかくすべての食材に味がしっかり染みていてよく絡んでいます。

 

そして非常に具だくさん。キャベツ、ニラ、もやし、こんにゃく、かまぼこ?のようなもの、麩、などなど、具材の種類も豊富です。

 

炒めているから油が絡んでコッテリ感がありつつ、煮込んでいるので味が完全に染み込んでいる。味付けも甘みと辛みのバランスが絶妙。

 

ご飯がいくらでも進みます。糖質ダイエットが頭の中から吹っ飛ぶぐらい白飯が進みます。

 

私の食の好みのど真ん中のストライクでした!

 

まとめ

 

沖縄のおふくろの味、という感じのお店です。フーイリチャー、普通のフーチャンプルーと思って食べたらいい意味で期待を裏切られます。

 

一緒に行った同僚は、ソーキそばと焼きめしを頼んでいましたが2人とも美味しいと言っていました。

 

再訪確実、他のメニューもチャレンジしたいと思います!本当に美味しかったです!